喪女が婚活疲れ対策にしていた婚活を楽しむコツ

喪女が婚活疲れせずに楽しく婚活を続ける方法まとめ

喪女が婚活疲れ対策にやっていた婚活を楽しむコツ3つ

喪女,婚活,婚活疲れ,楽しむ,コツ

 

婚活って、喪女の私にとっては基本的に、「しんどいこと」「つらいこと」「嫌だけどやらないといけないこと」でした。ある意味仕事と同じカテゴリに属していました。
正確に言うと「嫌だけど自分がやらないといけないと思い込んでいること」で、誰に強要されたわけでもないですが、それは置いておいて。

 

実際、婚活は、ほんっっっとにストレスが多いと思います。

 

いいなと思った人にそっけなくされては落ち込み。
逆にせっかく感じよく接してくれた人にそっけなくしてしまって自己嫌悪し。
いつの間にか相手に裏があるんじゃないと荒探ししてるスレた自分に気が付いたり。
完全に打算で、人格なんか気にせず条件だけで選ぶべきかしらと悩んだり。
いやいや、条件なんてどうでもいい、愛があれば幸せになれるんじゃないかと考えたり。
みんなふつうに結婚しているのにどうして自分だけ…と自分を責めたり。
なんでふつうの人がいないんだろう?と環境に八つ当たりしたり。

 

そして、貯めこんだストレスを開放する場もなく、今日も理想の男性がいるんじゃないかと一縷の望みをかけてデートという名の面接へ出かけていく……。

 

正直、婚活のストレスポイントについて語りだすと1日でも2日でも語り続けられる自信があるくらい、婚活が嫌でした。

 

でも、だからこそ、婚活疲れやウツに負けないため、続けていくためには適度な休憩や楽しみが必要になります。婚活は短期決戦でなんとかなるもんではない、というのが私の持論です。
というわけで、今回は、「喪女が婚活を続けるために無理やり捻りだした婚活を楽しむコツ」について、つらつらと書いていきたいと思います。
すこしでも参考になれば幸いです。


 

喪女が婚活を楽しむコツその1.おしゃれを楽しむ

私は喪女です。
それも、お洒落や化粧、服などに一切興味がないタイプの喪女です。

 

そのため、社会に出て文句を言われない最低限度の化粧、家ではジャージ、よそいきの服は数少なく、髪も手入れ?何それ?といった具合のモサ喪女です。
とはいえ、お洒落を全く楽しめないかというとそういうわけではありません。単純に、着飾ることの優先順位が低かっただけのこと。

 

婚活を行うにあたり、身だしなみを整えることは最優先事項に浮上しました。
おしゃれを楽しむにあたり、大切なのはある程度客観的視点を放棄することです。

 

ぽっちゃりな私がピンクのワンピースを着ようものなら、もう一人の自分が「豚かな?」と言ってくるのですが、そういうのは無視します。
化粧や髪の手入れを頑張っているときに、「素材が素材なんだから頑張っても無駄だよ」とささやいてくる私は無視です。

 

ただただ単純に、自分なりに精一杯お洒落をし、初めて着る新しい服、はじめて試す新しいメイク方法に素直に胸を躍らせるのです。
「私、ちょっとイケてるのでは?」という自惚れ上等。むしろ超大事。
それがお洒落を楽しむコツです。

 

喪女が婚活を楽しむコツその2.デート以外の目的を持ってデート場所へ行く

婚活を楽しむコツその2は、デート以外の楽しみを模索すること。

 

私は出不精なので、デートはとにかくおっくうです。
ただでさえ外出が面倒なのに、初対面の男性とお茶会をして楽しめるほど社交的ではありませんから、「面倒×面倒=行きたくない」の方式が成り立ちます。

 

しかし会って話さなければ出会いがないのも事実。宝くじだって買わないと当たらないのです。

 

ですので、そのおっくうさを少しでも軽減するため、デート場所が決まったら、その周辺の面白そうなお店やカフェを検索し、そこに行くことを目的にするのです。
当たり前ですが婚活は初対面の男性と会って話す機会が一番多く、はじめてのデートはせいぜい1時間程度で済みます。

 

デートはあくまでも「ついで」。
せっかくなら、普段はあまり行かないようなお店を探索するのが楽しいですよ。

 

喪女が婚活を楽しむコツその3.デートの食事を楽しむ

私はデブぽっちゃり喪女です。
そのため、食べることが大好きです。

 

これは食に興味がない人には適用しづらいですが、デートに行くと大抵「どこかでゆっくり食事でも」という展開になりますよね。
婚活が長引くと定番のお店なんかには行きつくして「またあそこか…無難だしね…」という心境になったりしますがそれはともかく。

 

デートというシチュエーション上、あんまり変なものは頼みづらいですが、とにかく前とは違うメニューを選んでみる。普段自分では選ばないようなものに挑戦してみる。
新しい好みが見つかることもあれば苦手が見つかることもありますが、重要なのは「新しさを楽しむ」こと。

 

「前はこれ食べてみたから、次はこれを頼んでみようっと」という感じで。
些細ですが、マンネリ化を防ぐことができる……かも。

 

喪女が婚活を楽しむコツまとめ

いろいろ書きましたが、本当に楽しむためには「積極的に相手に興味を持つこと」が一番なんでしょうね。(盛大なちゃぶ台返し)
でも、短期間で会っては別れ、会っては別れを繰り返していると、どうしてもひとつひとつの出会いの重みが減っていって、心が疲れてきてしまう……。そして陥る婚活疲れ、婚活ウツ。

 

そういうときは無理して楽しもうとせず、休むことも大事。
心が元気になれば、また新しい楽しみ方も見つかります。

 

あなたに素敵なご縁がありますように、応援しています。

喪女,婚活,オススメ 喪女,婚活,相談,オススメ
トップへ戻る