婚活でラインを既読スルーされたときはどうすればいいの?

婚活でメッセージを送ったのに既読スルー。これって脈なし?

婚活でメッセージを送っても、既読スルー。これって脈なし?

婚活,既読スルー

 

婚活でやっとカップリングが出来た!!
これって、相手が多少なりとも自分に好意を抱いてくれてるから、カップルになれたんだよね?
これからちょっとずつ仲を深めていって、相手のことを好きになれるといいな、それからそれから……。

 

膨らむ妄想、そして期待。

 

多少なりともドキドキしながらメッセージを送ると……既読スルー。

 

……なんで???

 

と、いうようなことは、残念ながら、婚活の場では、大変よくある一シーンなのでございます。

 

しかし、「メッセージにすぐ返信くれないなんて、相手は私に興味ないんじゃないの!?」と決めつけるのは早計でもあり。

 

なぜなら、世の中にはいろんな人がいるから。

 

律儀で真面目な私のような人(ここ、笑うところです)は、こう考えます。

 

婚活という、特殊な場での出会いなのだし、レスポンスは出来る限り早くすべきだよね。
ふとした瞬間に切れてしまう細い縁だから、ひとつひとつ大事にしていかないといけないよね……。

 

だから、デートしたあとには、すぐにメッセージを送るし。
相手からメッセージが来たら、可能な限り、返信する。

 

たとえ返事を求めていないような一行メッセージでも、なんとか返答をひねりだして、会話が続くように、やりとりが途切れないように、苦心する……。

 

婚活女子は、みんな似たような苦労をしてるんじゃないでしょうか?

 

ですが、どうやら、婚活市場にいる男性は、というより、世の中の男性は、メールやLINEというものに、そこまで重きを置いていないようなのです。

 

というわけで今回は、「婚活の場で既読スルーする原因について」を紹介してみます。


婚活で既読スルーする原因は脈なしだから?

そりゃあね、仕事の同僚であるとか。学生時代からの友達であるとか。
「相手がだいたいどんな子か、わかっている状態」なら、いいよ。
「あの子は筆不精だから、仕方ないなー」って、既読スルーされても笑って許せるよ?

 

でも。

 

婚活だよ?
ある意味、ビジネスと同じように、特殊な場だよ?
ファーストインプレッションがなにより大事な場だよ??

 

すぐに返事が来なければ、「相手は私に興味ないんだな」って思うでしょ、ふつう。
「そこまでまめな労力を割く相手じゃないんだな」って、感じるでしょう、ふつうなら!!

 

……と、憤る気持ちは大変よくわかるのですが、しかしその「ふつう」が通用しないのも、婚活の場であるのです。

 

メッセージのやりとりをしていて、相手のメッセージで打ち切るのがどうしても苦手で、罪悪感を感じてしまう人がいるように。
こっちは届いたのかだけでも知りたいから、返事くらいしろよ!と思うような、確認のメッセージにすら、返事をしない人がいるのです。

 

では、そういう人は何を考えているのでしょうか?

 

1.「既読」が返事だと思っている

冗談ではなく、マジな話なのですが、LINEって「既読」がつくじゃないですか。
もう、それが「返事」に値すると考えている人が、マジでいます。

 

読んだってわかるから、それでいいでしょ? と思っています。

 

そういう考え方なので、脈なしとか脈ありとかの次元じゃないのです。

 

いやー、でも婚活の場でそういうこと言えるのってすごいよね! 私よりモテないんじゃない?(悪口)

 

2.なんて返信したらいいのかわからない

婚活の場にいる男性は、婚活の場にいるわけですから、女性にモテモテでよりどりみどりーなモテ男性ではないことが多いです。女性慣れしてない人も多いのです。つまり、対女性に対するコミュニケーションスキルが低い人が、多いのです。私の場合、人のこと言えないわけですけど……。

 

デート後に、「楽しかったです、ありがとうございます」と、こちらが送ったとして。

 

これからも関係を続けていきたいと思うなら、「こちらこそ楽しかったです。また行きましょう!」くらいの返事、欲しいなーって思うじゃないですか?
次へのきっかけにもなるし。

 

でも、そういうメッセージが、まったく思いつかない人もいるわけですね。

 

「なんて返事したらいいんだ……?いや、返事を求めてないんじゃないか??」

 

そして、既読スルー。

 

3.返事をする暇がない

2との合わせ技のこともあるのですが、「なんて送ったらいいだろう?」と頭をひねっている間に時間が経ち、仕事が始まって返信するヒマがなくなるパターンですね。

 

「ちょっとした返事くらいすぐ返せるでしょ!」とこちらとしては思うわけですが、すぐ返せる人がいるなら、めちゃくちゃ時間がかかる人もいるのです。そういうものなのです。

 

4.好みじゃなかった

デートで、なんとなく話が合わなかった。雰囲気が好みじゃなかった。性格が合わなかった。

 

いままではまめにメッセージが来ていたのに、ぱたりと頻度が減ったり、既読スルーをされた場合は、残念ながら「脈なし」のことが多いです。

 

気持ちを切り替えて次に行きましょう。

 

既読スルーをされた場合、なかなか返事がこない場合はどうする?

それでは、婚活での既読スルーの対処法はどうすればいいのでしょうか。

 

ズバリ言いましょう。
対処法は、「相手によって臨機応変に対応する」ということです!

 

……えー、身も蓋もありませんが、相手によってするべき対応は変わります。

 

例えば、今までまめにメッセージをくれていたのにある時期を境に既読スルーが頻発するようになった……というタイプは、残念ながらこちらに興味がなくなった可能性が高いので。
追撃メールをしたところで、あまりいい結果にならない可能性が高いです。

 

ですが、婚活パーティーでカップリングしたばかりの相手に、お礼のメールを送ったけれど、返事がない。既読スルー。
この場合は、「脈なし」の可能性も「脈あり」の可能性も残っています。

 

だから、待っていたら、「もう相手はこっちに興味ないんだろうな」とあきらめた時期にぽんっとメッセージが来たりします。

 

なので、もし今まで交流があまりなかったけど、相手のことがすごく気になる、諦めたくない、という場合は、追加のメールを送ってみるのもいいと思います。
もちろん、「返事をするしかないようなメッセージ」を送りましょう。「すごく楽しかったので、今度は〇〇に行きませんか?」みたいなやつを。

 

案外、うまくいくかもしれませんよ。

 

婚活と既読スルーとメッセージの頻度まとめ

婚活では、色んな人と出会います。

 

続けていると、今まで想像もしなかったような価値観を持った人とも出会います。

 

「すごいな」と感心することもあれば、「本気か…」と引いてしまうことも多々あります。

 

しかし、ところ変われば常識は変わるものです。
ごはんが主食のところもあればパンが主食のところもあるのです。
牛肉や豚肉を食べてはいけない人もいれば、お肉料理ばっかり選んで食べる人もいるのです。

 

「メール」や「ライン」は特に常識の差を感じやすいところですが、大きな視点でとらえて、違いを楽しめるといい……かもしれませんね。

 

あなたにいいご縁があるように、お祈りしています。

喪女,婚活,オススメ 喪女,婚活,相談,オススメ
トップへ戻る