喪女が婚活で結婚したくないというと強がりだと思われる話

喪女が婚活してまで結婚したくないと思うのは強がりなのか問題

喪女が「婚活してまで結婚したくない」というと「強がり」だと思われる問題

喪女,婚活,結婚したくない,強がり

 

右を見ても左を見ても恋愛ネタにあふれた現代。
少子化が叫ばれているこのご時世、まあそうでもしなきゃ現代人は結婚しないわな、と思う面もあるのです。

 

「結婚して初めて一人前」「結婚してない人は性格に問題がある」という差別、偏見はなくならないし、なくなっちゃったらますます結婚して子どもを産む人が減りそうだとすら思う。

 

だって、そういう「世間の目」がないのなら、別に結婚しなくてもいいと思う人、だけどそういう「世間の目」があって、別に絶対結婚したくないという明確な理由もないから、結婚しよう、と思う人は一定数いると思うからです。


 

まあ、そんなことは置いておいて。

 

喪女とは、彼氏いない歴=年齢の女性を指します。まあ、単純に「モテない女性」を指す場合もあります。

 

今まで彼氏がいなかった理由はいろいろあると思いますが、世間一般的に「モテナイ」男女というのは、あまりいい目で見られません。

 

だって、「ふつう」の人たちにとって、恋愛というのは、あちこちのフィクション、自分の経験、人からの話、実在するカップルからすると、「ふつう」に生活をして、「ふつう」の容姿で、「ふつう」の性格で、「ふつう」の人ならば、「ふつう」に恋愛イベントは起き、結婚をするものだからです。

 

「ふつう」の人にとって、恋愛して、結婚して、子どもを産み育てるのはあまりに「ふつう」で「常識」です。わざわざその選択肢を選ばない、選べない人がいるというのは理解できないのです。その人たちにとってはそれは「ふつう」ではないから、ふつうでないことは異常であるいうことです。

 

そういう世界に生きてきた人にとっては、「結婚はして当たり前」だし、なんなら、「人はみんな寂しがりで、人肌のぬくもりを求めているもの」とすら定義しているので、いくら「私は別に一人でいい」と言ったところで、そういう人たちにとっては理解できません。

 

そういう人が、「生涯一人でいい」と思っている人を、一生懸命理解しようとした結果、「あの人は結婚しないのではなく、できないから、強がってそんなことを言っているんだな」となるんだと思います。

 

個人的に、そういう人は(たぶん、一応、根本的には)優しいんだろうな、と感じます。その人の中で、理解できないなりに消化しようとしているから。

 

私としては、理解できないことに出会ったとき、理解できないまま、「そういうものなんだな」と放っておきます。
ハガレンじゃないですけど「ありえないなんてことはありえない」というか、いくら「私」が想像できなくても、きっと私が想像できないようなことを考える人はいるだろう、という認識なのです。
理解しようとはせずに認識だけするタイプ。たぶんこれはこれでよくない。

 

そういうわけで、喪女が「婚活してまで結婚したくない」と言ったとき、それを「強がりだな」ととる人は一定数存在します。悪意ではなく、善意で、かわいそうに思ってくれる人すらいるかもしれません。
「ほんとうかうそか」はどうでもいいのです。喪女じゃなくても、どんなに美人が、イケメンが言っても、「結婚したくないなんて強がりだ」と思う人はいます。そういうものなのです。

 

いうなれば、「お前がそう思うんならそうなんだろう、お前ん中ではな」というやつです。

 

じゃあそう思われないためにはどうしたらいいのか?
結論としては、結婚する以外にありません。そういうフィルターを搭載している人は何を言ってもそう思うからです。仕方ないです。

 

別に、他人にかわいそうだとか強がりだとか思われても、自分でそう思わないなら、気にする必要はないと思いますね。
だって世界の中心、思考のフィルター、これから生きていく人生は、あなたのものなんですから。

喪女,婚活,オススメ 喪女,婚活,相談,オススメ
トップへ戻る